白山国立公園:パークボランティア

5/12(土)白山国立公園パークボランティアの活動に社長とチーフが参加してきました
社長は今年度より新規参加のため養成研修会を受講しました


白山国立公園パークボランティアは
白山国立公園内の適正な利用及び自然保護の推進に寄与することを目的に
自然情報の収集や美化清掃活動、施設の軽微な維持管理活動
マナーなどの普及啓発活動、自然解説活動を行っています。
(環境省HPより抜粋)




白山市白峰にある白山国立公園センター 午前中は白山国立公園の概要や
パークボランティアについての研修と救命講習
人工呼吸を実践してみます
大きく2回息を吹き込む



一番重要な胸骨圧迫
1分間におよそ110回のスピードで2分間行う
かなりハード
AEDも使ってみました 午後は白山の玄関口
別当出合で駐車場や園地の清掃といった開山準備
駐車場のポール立て ポールを立てる穴に詰まった泥やゴミを
かき出す地味な作業です
before after
あんまり変わってないって言わないでくださいね
溝に溜まった枯葉を除去
体力にはいささか自信のある社長ですが…
こりゃ大変だ!もちろん汗だく

別当出合休憩舎には痛々しい雪崩痕
冬の間雪から看板を守っていた
ブルーシートを外します
園地でもゴミを拾って登山客を迎える準備完了
せっかくなので吊り橋を
渡ってみました




咲き始めたニリンソウがお待ちしてます
戻る